マナラホットクレンジングゲルの成分

マナラホットクレンジングゲルの全成分の効果と副作用を徹底検証

毛穴への効果で絶大な人気を誇るマナラホットクレンジングゲル。

毛穴への優れた効果だけでなく保湿力や年齢肌への効果も人気の秘訣ですが、同時に安全性も不安になるところです。

私自身も敏感肌で実際にコスメで刺激が出たことがあるので、新しいコスメを使う際に「安全かどうか、副作用の心配はどうか」が真っ先に気になります。

大人気で話題のマナラホットクレンジングゲルも気になったので全成分をあらかじめ検証してみました。

やはり刺激の可能性がある成分はいくつか入っていることが分かりました。

そこで今回は、マナラホットクレンジングゲルの全成分を検証したうえで

  • 副作用の危険性はどのくらい?
  • どういう効果が期待できる?

という点についてお伝えしていきたいと思います。

マナラホットクレンジングゲルの全成分の役割と安全性について

マナラホットクレンジングゲルの全成分について効果が期待できる成分を青危険ではないが安全性が気になる成分を赤で色分けしてみました。

マナラホットクレンジングゲルの全成分

グリセリン、トリエチルヘキサノイン、オリーブ果実油、ラウリン酸PEG-9グリセリル、ステアリン酸グリセリル、(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10 、アーチチョーク葉エキス、メドウフォーム油、パパイン、プロテアーゼ、α-アルブチン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、加水分解コラーゲン、マンダリンオレンジ果皮エキス、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒアルロン酸Na、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セレブロシド、オウゴン根エキス、ノイバラ果実エキス、ローヤルゼリーエキス、メマツヨイグサ種子エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ヘマトコッカスプルビアリス油、ダイズ種子エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、アスコルビン酸Na、ザクロ果実エキス、ハチミツ、オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル、スクワラン、ニンジン根エキス、 ミツロウ、ダイズ油、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、DPG、ポリグルタミン酸、アルギン酸Na、シアノコバラミン、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ステアリン酸PEG-5グリセリル、ステアリン酸PEG-15グリセリル、加水分解酵母エキス、ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、クエン酸、クエン酸Na、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、イソステアリン酸ソルビタン、リン酸、BG、ポリソルベート60、ペンチレングリコール、リン酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、リモネン、水、フェノキシエタノール

それぞれの詳細を以下の表にまとめました。

成分名 安全性 役割
グリセリン ベース成分
保湿剤
トリエチルヘキサノイン ベース成分
基剤
オリーブ果実油 美容成分
油分としてエモリエント(乾燥を防ぐ)効果
ラウリン酸PEG-9グリセリル 界面活性剤、乳化剤
ステアリン酸グリセリル 界面活性剤、乳化剤
(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10 界面活性剤、乳化剤
アーチチョーク葉エキス 美容成分
色素沈着抑制効果、毛穴引き締め効果
メドウフォーム油 美容成分
油分としてエモリエント(乾燥を防ぐ)効果
パパイン 美容成分
ピーリング効果
プロテアーゼ 美容成分
ピーリング効果
α-アルブチン 美容成分
色素沈着抑制効果
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 美容成分
エイジングケア、抗炎症、色素沈着抑制効果
加水分解コラーゲン 美容成分
保湿、エイジングケア効果
マンダリンオレンジ果皮エキス 美容成分
保湿、収れん、エイジングケア効果
ラウリン酸ポリグリセリル-10 乳化剤
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム 美容成分
保湿剤
ヒアルロン酸Na 美容成分
保湿効果
グルコノバクター/ハチミツ発酵液 美容成分
保湿効果
ユズ果実エキス 美容成分
保湿、血行促進、ピーリング効果
チャ葉エキス 美容成分
抗酸化、抗菌、収れん、色素沈着抑制効果
セレブロシド 美容成分
バリア、保湿効果
オウゴン根エキス 美容成分
抗菌、収れん、保湿、色素沈着抑制、抗シワ効果
ノイバラ果実エキス 美容成分
保湿、色素沈着抑制、抗アレルギー、抗菌、収れん、エイジングケア効果
ローヤルゼリーエキス 美容成分
保湿、皮脂抑制効果
メマツヨイグサ種子エキス 美容成分
抗酸化、色素沈着抑制、エイジングケア効果
セイヨウトチノキ種子エキス 美容成分
抗炎症、収れん、血行促進、エイジングケア効果
ヘマトコッカスプルビアリス油 美容成分
保湿、抗酸化効果
ダイズ種子エキス 美容成分
エイジングケア、保湿、バリア、色素沈着抑制効果
プエラリアミリフィカ根エキス 美容成分
エイジングケア効果
アスコルビン酸Na 美容成分
色素沈着抑制効果
ザクロ果実エキス 美容成分
エイジングケア効果
ハチミツ 美容成分
保湿効果
オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル 美容成分
ピーリング効果
スクワラン 美容成分
油分としてエモリエント(乾燥を防ぐ)効果
ニンジン根エキス 美容成分
エイジングケア、血行促進、保湿効果
ミツロウ 美容成分
保湿効果
ダイズ油 美容成分
保湿効果
(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル 美容成分
保湿、バリア効果
DPG ベース成分
感触改良剤
ポリグルタミン酸 美容成分
エイジングケア、保湿、美白、保湿効果
アルギン酸Na 増粘剤
シアノコバラミン 着色剤
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル 乳化剤
ステアリン酸PEG-5グリセリル 乳化剤
ステアリン酸PEG-15グリセリル 乳化剤
加水分解酵母エキス 美容成分
保湿効果
ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース 乳化剤、保湿剤
(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー 乳化安定剤
クエン酸 pH調整剤
クエン酸Na pH調整剤
(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K 酸化防止剤
リン酸 pH調整剤
BG、 ベース成分
保湿剤
ポリソルベート60 乳化剤
ペンチレングリコール ベース成分
保湿剤・抗菌剤
リン酸Na pH調整剤
PEG-60水添ヒマシ油 乳化剤
リモネン 香り成分
ベース成分
フェノキシエタノール 防腐剤

全成分から安全性が気になる成分は4つあります。

ラウリン酸PEG-9グリセリル、ステアリン酸グリセリル、(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10、フェノキシエタノールがそれになります。

クレンジング剤で副作用の心配を完全に無くそうとするなら手作りするか石鹸を使うしかないですし、神経質になるほど危険かというと決してそうではありません。

化粧品の成分で毒性が比較的高めで知られている防腐剤のパラベンでも500人に約1人の確率で刺激が出ますが、これらの成分はパラベンに比べると高い安全性があります。

刺激が出る可能性はかなり低く、出たとしても軽度で済むはすです。

ただ、敏感肌や肌が荒れやすい場合はその可能性がやや高めになるかもという印象になるので注意は必要になります。

マナラホットクレンジングゲルでの副作用やアレルギーの心配は?

では、具体的にマナラホットクレンジングゲルを使うことであり得る副作用の可能性について見ていきましょう。

ラウリン酸PEG-9グリセリル

ラウリン酸PEG-9グリセリルとは合成ポリマーのことで、界面活性剤のようなはたらきがあります。

製造工程で有害物質が副産物として発生するので、汚染のリスクがあります。

製造工程で汚染されないように配慮されていますし、乳液や化粧水のように肌にのせっぱなしにしない限りは刺激の可能性はほとんどありません。

ステアリン酸グリセリル

ステアリン酸グリセリルとは非イオン界面活性剤のことで、乳化剤として使用されています。

刺激の可能性については、出たとしても最小限で全体的には刺激はほとんどなしとの調査結果が報告されています。

(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10

(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10とは界面活性剤のことで乳化剤として使用されています。

肌のコンディショニング剤としても使用されていて、規定内の使用量であったり決められた使用の範囲内である限りかなり安全性が高い成分になります。

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールとは防腐剤のことです。名前にエタノールがつきますがアルコールとは全く別物です。

危険度が高いといわれている防腐剤のパラベンでも500人に1人しか刺激の可能性で、フェノキシエタノールはパラベンよりも安全性が高く刺激の可能性はさらに低いです。

副作用やアレルギーの可能性について 本音の評価

以上、ちょっと怖くなることを書いたかもしれませんが、実際にはこのような危険性を当然知った上で商品を開発しています。

副作用の心配がない必要最小限の分量で開発されています。

既製品なのでどうしても防腐剤は必要になりますし、クレンジングなので洗浄成分は必要になってきます。

界面活性剤の含有量が少なければ乳化剤としての使用になりますので、乳化されている時点で界面活性作用は失活しているので刺激の心配もなくなります。

たとえ石鹸であってもアミノ酸系界面活性剤であっても、決められた時間を超えて長時間クレンジング剤を肌に乗せるのは刺激の可能性を増大させるので、手早くしっかり洗顔することが大切です。

ただ、界面活性剤には生分解性があって肌の酵素で分解されるのでいつまでも残留するということはありません。

また、界面活性剤には美容成分を角質層を越えて届ける大切な役割もあります。

界面活性剤だから悪というわけではなく、正しく使う限り必要なはたらきをしてくれる成分になります。

乾燥肌で敏感肌のかたは副作用や刺激が心配になるかと思いますが、おそらく全体の99.9%のかたは副作用を感じることなく使用できます。

ただ、なんにしても絶対に大丈夫とは言い切れないので心配な方は念のためパッチテストをおすすめします。

編集部の評価

マナラホットクレンジングゲルは「絶対に安全」とは言い切れないですが、かなり安全な方だと思います。

市販の安価なコスメによく入っているエタノールやパラベン、石油系界面活性剤など刺激が出やすい成分は入っていないのでほとんどの人は刺激をまったく感じることなく使用できます。

メリットとデメリットの両方をちょっと神経質なくらい把握して納得したうえで使う方がより効果を実感できると思います。

マナラホットクレンジングゲルの成分から期待できる効果

さて、ここからはマナラホットクレンジングゲルの全成分の中でも美容効果が期待できる成分についてみていきたいと思います。

毛穴

オリーブ果実油、メドウフォーム油

オリーブ果実油とメドウフォーム油のいずれもヒトの肌に存在する油分なので肌馴染みが良く、肌の水分の蒸発を防ぐエモリエント効果も期待できます。

また、いずれも毛穴の汚れを溶かし出す効果もあります。

毛穴引き締め

ノイバラ果実エキス

ノイバラ果実エキスはバラの一種ノイバラの抽出液で、漢方でも用いられています。

収れん作用のほかにシミ抑制効果、エイジングケア効果、抗アレルギー効果なども期待できます。

アーチチョーク葉エキス

アーチチョークはイタリア料理の食材として知られていますが、薬用ハーブとしても昔から重宝されています。

毛穴ひきしめ効果のほかにシミ抑制効果も期待できます。

オウゴン根エキス

オウゴン(黄)根エキスは代表的な漢方薬で現在でもよく使われています。

毛穴ひきしめ効果のほかに抗炎症効果、シミ抑制効果、抗シワ効果、保湿効果が期待できます。

保湿

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はヒトに存在する成分で、肌を構成する主成分です。

ヒアルロン酸は保水力に優れていて、1gのヒアルロン酸が6リットルの水を保持できます。

優れた保湿力だけでなく肌をやわらかくする効果も期待できます。

セラミド

セラミドとは肌を構成する成分のひとつで、細胞と細胞の間に存在して水分が蒸発しないようにする役目を果たしています。

セラミドの主な効果は保湿だけでなく紫外線などの外からの刺激からのバリア効果も期待できます。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーエキスとは花粉やハチミツを食べたセイヨウミツバチから得られる成分のことです。

ローヤルゼリーエキスのはたらきで角層の水分量が増加して保湿効果が期待できます。

コラーゲン

コラーゲンとは肌を構成するタンパク質のひとつのことで、ハリのもとになります。

コラーゲンを補うことでシワやたるみの改善効果も期待できます。

スクワラン

スクワランは植物由来と糖由来、合成のもの、深海ザメ由来と4種ありますが、現在は漁獲規制のため植物由来、糖由来、合成の3種が主流になります。

スクワランはヒトの皮脂にも約10%含まれているので肌馴染みがよく、水分保持効果が期待できます。

ブースター効果

オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル

オリーブ油脂肪酸エチルヘキシルは肌をやわらかく整える効果を期待できます。

サボテンエキス

サボテン幹細胞エキスのことで、幹細胞には成長因子や抗酸化物質が豊富に含まれています。

また、肌の水分バランスを整えてうるおいをキープする効果も期待できます。

マナラホットクレンジングゲルの効果 早見表

項目 評価
保湿力
肌のハリ・弾力アップの効果
しわへの効果
たるみへの効果
シミへの効果
くすみへの効果
毛穴への効果
ニキビへの効果
肌荒れへの効果

保湿力

クレンジングなのに91.3%の美容液成分のはたらきで抜群の保湿力があります。

またブースター効果も高く、クレンジング後の基礎化粧品の浸透力が上がることで全体的に保湿力をかなり実感できます。

肌のハリ・弾力アップの効果

マナラホットクレンジングゲルに入っているサボテンエキスはサボテン幹細胞エキスのことで、豊富に含まれている成長因子がコラーゲンの生成をうながすはたらきがあります。

また、コラーゲンやヒアルロン酸そのものも含まれています。

つまり、ハリ・弾力の成分を補いつつコラーゲンの生成を促すことでかなりのハリ・弾力アップの効果が期待できます。

しわへの効果

しわには大きく2つの原因があります。

  • 表皮の乾燥が原因…浅い小じわ
  • 加齢で繊維芽細胞が老化することでコラーゲンなどの不足が原因…深いしわ

乾燥小じわは保湿することで改善しますが、深いしわにはエイジングケアが必要になってきます。

サボテンエキス(サボテン幹細胞エキス)に含まれる成長因子が繊維芽細胞を活性化してコラーゲンの生産をうながします。

深いしわにも的確なアプローチができるので確かな効果が期待できます。

たるみへの効果

肌のハリ成分のコラーゲンやヒアルロン酸は加齢とともに不足することで深いしわができますが、それがさらに悪化すると重力に負けてたるみになります。

原因はしわと同じなのでマナラホットクレンジングゲルはたるみ対策にも優れた効果が期待できます。

シミへの効果

まず注意点として、マナラホットクレンジングゲルは美白効果のある医薬部外品ではありません。

ですので、美白効果という点では美白に特化したコスメほどは期待できないという認識でいるほうが良いです。

ただ、成分的にはシミへの効果が期待できる成分が含まれています。

ほとんどのシミ対策の成分は以下のどちらかに効果が現れます。

  1. シミを予防
  2. シミの排出をうながす

マナラホットクレンジングゲルの場合、①のシミを予防する(色素沈着抑制)効果が期待できる成分が多く入っています。

アーチチョーク葉エキス、チャ葉エキスなどの植物エキスにはそれぞれメラニン生成抑制作用があります。

これらの成分のはたらきでシミを予防する意味でシミへの効果が期待できます。

くすみへの効果

くすみとは肌に透明感やツヤを感じられない状態のことで、原因は大きく3つあります。

  1. メラニンの増加による色素沈着
  2. 肌の乾燥や肌荒れによる肌のデコボコ
  3. 肌の血行不良

①についてはマナラホットクレンジングゲルに含まれるアーチチョーク葉エキス、ノイバラ果実エキスなどの色素沈着抑制成分のはたらきでメラニン対策ができます。

②については多くの保湿成分や抗炎症成分のはたらきで対策できます。

③についてはユズ果実エキスなど植物エキスに含まれる血行促進成分が効果的ですし、ホットゲルでのマッサージも血行促進効果が期待できます。

これらによりくすみ対策に優れた効果が期待できるというわけです。

毛穴への効果

毛穴の原因は大きく2つに分けられます。

  1. 乾燥が原因…乾燥毛穴、オイリー毛穴
  2. 加齢が原因…たるみ毛穴

マナラホットクレンジングゲルは保湿力・エイジングケア(年齢肌への対策)ともに優れているので毛穴対策に大きな効果が期待できます。

ニキビへの効果

マナラホットクレンジングゲルに入っているセイヨウトチノキ種子エキスは抗炎症効果を期待できます。

医薬部外品として配合されてはいないのでニキビ治療薬ではありませんが、成分的にニキビへの効果も期待できます。

肌荒れへの効果

抗炎症効果が期待できるセイヨウトチノキ種子エキスにより肌荒れにも優れた効果が期待できます。

編集部の評価

マナラホットクレンジングゲルの効果はかなり多いことが分かりました。

おすすめなのはくすみ、シワ、たるみなどの年齢肌の悩みのある方や肌の老化を感じる方、加齢とともに乾燥が気になるようになってきた方、毛穴が気になる方になりますね。

91.3%が美容液成分ではありますがいわゆる医薬部外品ではなく、あくまでクレンジングなので特に美白・ニキビへの過度な期待はしないほうがいいかと思います。

マナラホットクレンジングゲルの安全性と効果 まとめ

今回はマナラホットクレンジングゲルの成分を一つ一つチェックして安全性や効果などについて検証しました。

最後に簡単にまとめますので、ご参考になさってください。

  • 安全性は高くほとんどの人は刺激を感じることなく使える
  • 敏感肌で刺激が心配な方はあらかじめパッチテストを
  • あらゆるタイプの毛穴の悩みに非常におすすめ
  • 保湿力があるので乾燥肌にもおすすめ
  • 91.3%もの美容液成分が入っているがあくまで主成分はクレンジング
  • シミにも効果を期待できるが医薬部外品ではないので注意
  • くすみにも非常におすすめ
  • しわ・たるみなど年齢肌の悩みにもおすすめ